JA菊池ホームページ
 サイトマップ
  旬のレシピ
戻る ホーム
       ホーム > 旬のレシピ > きのこマーボー
 

きのこマーボー

最終更新日 [2010年11月1日]  

きのこマーボー  古くから「香りマツタケ、味シメジ」といわれているほど、うま味のあるシメジ。独特の風味や香り、そして弾力のある歯応えがその人気の理由。また、加熱してもカサが減らないのも魅力です。料理に加えるだけで料理をボリュームアップできる上、カロリーも低いので、ダイエットの強い味方です。
 さらに栄養面では、免疫力アップに効果的な食物繊維をたっぷり含んでいます。カルシウムの吸収を促すビタミンDも豊富なので、カルシウムを多く含む乳製品や豆腐などの大豆製品と一緒に取るのがおすすめです。
 人工栽培の清潔な環境で育てられているので、使う前に洗わなくても大丈夫。保存する場合は、買った包装のまま野菜室へ。
 冷凍保存では根元のかたい部分を除き、小房にほぐした状態でラップに包み、保存袋に入れて冷凍庫へ。解凍すると水気が出るので、凍ったまま加熱調理します。

材料(2人分)

木綿豆腐・・・・・・・・1丁(300g)
シメジ・・・・・・・・・1パック(100g)
エノキタケ・・・・・・・1袋(100g)
豚ひき肉(もも赤身)・・・100g
A ニンニク・・・・・・1片
A ショウガ・・・・・・小1かけ
A ネギ・・・・・・・・3cm
油・・・・・・・・・・・大さじ1/2
豆板じゃん・・・・・・・小さじ1弱
B 中華スープのもと・・小さじ1/2
B 砂糖・・・・・・・・小さじ1/2
B しょうゆ・・・・・・小さじ2
B みそ・・・・・・・・小さじ1
B 酒・・・・・・・・・大さじ1
B 水・・・・・・・・・カップ1/2
C かたくり粉・・・・・大さじ1/2
C 水・・・・・・・・・大さじ1
ごま油・・・・・・・・・小さじ1

作り方(調理時間20分)  (1人分139kcal)

(1)木綿豆腐は2cm角に切り、熱湯に通してざるにあげます。
(2)シメジは根元を落とし、小房に分けます。エノキタケも根元を落とし、半分に切ります。
(3)Aはみじん切りにします。Bは合わせます。
(4)中華鍋に油を弱めの中火で熱し、Aをいためます。香りが出てきたら豆板じゃんとひき肉を入れていためます。肉の色が変わったら、(1)と(2)を加えて軽くいため、Bを加えて豆腐を崩さないように混ぜながら、きのこがしんなりするまで煮ます。
(5)Cを合わせて加え、とろみがついたら、仕上げにごま油を回し掛けます。

◎かさが茶色で大理石模様のある「ブナシメジ」が1年を通して出回っていますが、旬は秋。シメジを使った炊き込みご飯やおかずが食卓に並ぶと、やはり自然と秋を感じます。
この情報に関するお問い合わせは
JA菊池本所
電話:0968-23-3500
ファックス:0968-23-3515
メール メール 
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、アドビシステムズ株式会社のアドビリーダー(Adobe Reader)が必要です。 右のアイコンをクリックすると、Adobe Readerダウンロードサイトへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。 (新しいウィンドウで表示) アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
  ▲ページの先頭へ   

戻る ホーム
h