JA菊池ホームページ
 サイトマップ
  旬のレシピ
戻る ホーム
       ホーム > 旬のレシピ > シシトウの中華風あえ物
 

シシトウの中華風あえ物

最終更新日 [2009年9月8日]  

シシトウの中華風あえ物  シシトウはトウガラシの一種で、「シシ」とつくのは獅子面に似ているからだそうです。栄養素はピーマンに似て、β─カロテンとビタミンCがとても豊富。β─カロテンは疲労回復に効果があるので、夏バテ解消にはもってこいです。一方、ビタミンCはメラニン色素の沈着を防ぎます。日焼けが気になる時期は十分摂取しましょう。ビタミンCは熱に弱いといわれますが、シシトウやピーマンの組織は強いので、熱を加えても葉物ほどはビタミンCが壊れません。  そしてシシトウはピーマンより小さく、中の種も食べられる野菜です。そのままの形で調理できて、栄養を丸ごと取れるのも便利です。料理の名脇役として、さまざまな料理に使ってみましょう。

材料

■材料(2人分)

シシトウ………………………10個(50g)
ミョウガ………………………1個(20g)
A 酢…………………………大さじ1
A 砂糖………………………小さじ1/2
A いりごま(白)……………小さじ1
A しょうゆ……………………小さじ2
A ごま油………………………小さじ2

作り方

■作り方(調理時間 15分)
(1)シシトウはへたの先を切り落とし、斜め半分に切ります。ミョウガは千切りにし、水にさらしたら水気を切ります。Aを合わせます。
(2)耐熱皿にシシトウを並べてラップをし、電子レンジで1分30秒(500W)加熱します。熱いうちにAであえます。
(3)(2)の粗熱が取れたら、ミョウガを加えてあえます。10分くらい置いて味をなじませます。
(1人分34kcal)
この情報に関するお問い合わせは
JA菊池本所
電話:0968-23-3500
ファックス:0968-23-3515
メール メール 
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、アドビシステムズ株式会社のアドビリーダー(Adobe Reader)が必要です。 右のアイコンをクリックすると、Adobe Readerダウンロードサイトへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。 (新しいウィンドウで表示) アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
  ▲ページの先頭へ   

戻る ホーム
h