JA菊池ホームページ
 サイトマップ
  旬のレシピ
戻る ホーム
       ホーム > 旬のレシピ > 鶏手羽中とタケノコのみそ煮
 

鶏手羽中とタケノコのみそ煮

最終更新日 [2009年4月2日]  

鶏手羽中とタケノコのみそ煮  タケノコのポピュラーな食べ方は、やはり煮物でしょうか。独特のうま味を持つタケノコは、炊き合わせにしてもほかの材料のうま味をよく引き出してくれます。そのうま味のもとは、チロシンというアミノ酸にあり、タケノコを切ったときに出る白い粉に含まれています。  このチロシンには、ストレスへの耐性を高める物質を増加させる働きがあるといわれています。そのため、白い粉は洗い流すことなく調理しましょう。  さて、おいしいタケノコの選び方ですが、先端の緑の部分や根元付近のポツポツが薄い色のものを選ぶとよいでしょう。掘ってから時間がたつほど、あくと苦味が増してくるためです。あくと苦味の増加を防ぐためには、すぐに熱を加えること。皮つきのままゆでると、うま味が生きます。

材料

■材料(2人分)
鶏手羽中………………………200g
酒・しょうゆ……………………各小さじ1
タケノコ(ゆで)…………………200g
サラダ油…………………………大さじ1/2
A 水………………………………カップ1
   みそ……………………………大さじ1
   砂糖……………………………小さじ1

作り方

■作り方(調理時間 約20分)
(1)鶏手羽中は、骨に沿って縦半分に切ります。酒、しょうゆを掛け、手でもみ込みます。
(2)タケノコは穂先を6cm長さの4つ割りに、ほかは1cm厚さの半月切りにします。
(3)鍋に油を熱し、(1)、(2)を強火でいためます。油がなじんだらAを加えます。
(4)沸騰したらあくを取り、中火にしてふたをし、8〜10分煮ます。煮汁が少なくなったら火を強め、鍋をゆすって煮汁を絡め、つやが良くなったら火を止めます。
この情報に関するお問い合わせは
JA菊池本所
電話:0968-23-3500
ファックス:0968-23-3515
メール メール 
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、アドビシステムズ株式会社のアドビリーダー(Adobe Reader)が必要です。 右のアイコンをクリックすると、Adobe Readerダウンロードサイトへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。 (新しいウィンドウで表示) アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
  ▲ページの先頭へ   

戻る ホーム
h