JA菊池ホームページ
 サイトマップ
  旬のレシピ
戻る ホーム
       ホーム > 旬のレシピ > 牛肉の八幡巻き
 

牛肉の八幡巻き

最終更新日 [2020年2月5日]  

牛肉 <八幡巻き(やわたまき)>
ゴボウを主とした野菜を肉などで巻いて食べる日本の郷土料理。本来はゴボウをウナギやドジョウで巻いて食べていたのが始まりとされています。
ゴボウは地中に長くまっすぐ根を張ることから、家の基礎がしっかりと堅固であることを願う、縁起のよい食材です。

〜材料〜

牛ももスライス
ごぼう(肉の幅にあわせて切る)
にんじん(肉の幅にあわせて切る)
いんげん(下茹でして筋を取る)

A 【Aコープ商品】かつおだし

砂糖

B 酒
しょうゆ
【Aコープ商品】新調味みりんタイプ調味料
砂糖

〜つくりかた〜

@ いんげんを下茹でしておく。
A ごぼうはきれいに洗い、牛肉の幅にあわせて切りさらに縦1/4に割って
水にさらしておく。にんじんも同じ長さと幅になるように切り揃えておく。
B AをAで煮て、火が通ったら冷ましておく。
C ごぼう2本、にんじん2本を使って市松模様のように互い違いにまとめ、
牛肉で全体を巻く。(野菜の組み合わせで3通りできます。)
D 熱したフライパンにBの巻き終わりを下にして入れ、全体に焼き目がつくよう
に転がしながら焼く。
E フライパンの余分な油を拭いてBを加え、煮詰めるようにしてタレを絡める。
ふれあい食材
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、アドビシステムズ株式会社のアドビリーダー(Adobe Reader)が必要です。 右のアイコンをクリックすると、Adobe Readerダウンロードサイトへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。 (新しいウィンドウで表示) アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
  ▲ページの先頭へ   

戻る ホーム
h