JA菊池ホームページ
 サイトマップ
  旬のレシピ
戻る ホーム
       ホーム > 旬のレシピ > えこめ牛うまかモン料理甲子園レシピ【菊池高校 「kikko」】
 

えこめ牛うまかモン料理甲子園レシピ【菊池高校 「kikko」】

最終更新日 [2018年5月10日]  

えこめ丼 ライパン1つで簡単に作れます♪
彩りが美しく、見て、食べて、元気になる一品です☆

Jour de えこめ(えこめの日)

・使用するえこめ牛の部位  焼肉用スライス・肩ロースブロック肉
・おおよその材料費  3,000円

〜材料(4人分)〜

☆ビーフライス
 ロース焼肉用     300g
 米(七城米)     3合
 玉ねぎ(薄切り)   1個
 水田ゴボウ      1/2本
 にんにく       4片
 バター        40g
 めんつゆ       150cc
 オイスターソース   大さじ2
 醤油         小さじ2
 酒          小さじ2
 卵          お好みで
レタス        お好みで
パプリカ 赤・黄   お好みで
プチトマト      お好みで

☆簡単ローストビーフ
 肩ロースブロック  300g
 はちみつ      大さじ4
 玉ねぎ(みじん切り)1/2個
 塩         少々
 こしょう      少々
 醤油        大さじ3
 酒         大さじ3

〜作り方〜

1、肩ロースブロックは、はちみつとみじん切りにした玉ねぎをもみ込んで
  約20分浸しておく。(ビニール袋を利用)
2、卵はスクランブルエッグにする。レタスは洗って適当な大きさにちぎる。パプリカは1cm角に切る。
3、ロース焼肉用の肉を4等分に切る。玉ねぎは薄切り、ゴボウはささがき、にんにくはみじん切りにする。
4、フライパンにバター(半量)とにんにくを入れて弱火にかけ、香りがたってきたら
  玉ねぎとゴボウを入れる。火が通ったら牛肉を入れ、合わせ調味料を加えて炒め、別皿に移す。
5、手順3のフライパンに残りのバターをいれ、ご飯を入れてバターライスを作る。
6、手順3の具材をバターライスに入れ、よく混ぜながら残った水分を飛ばすように炒める。
7、手順1の肩ロースブロック肉をスライスし、フライパンで焼く。
8、手順1の玉ねぎと、醤油、酒を合わせて、肉を焼いたフライパンで加熱しソースをつくる。
9、器にビーフライス、スクランブルエッグ、レタスを層になるように重ねて盛り付け、
  パプリカ、ローストビーフ、プチトマトを色よく盛り付ける。肉に手順8のソースをかける。

〜えこめ牛及び菊池産の副材料を使用するにあたって工夫したところ〜

ローストビーフは、加熱時間短縮のため切ってから焼きました。一品で、えこめ牛の旨味を味わうビーフライスと、たっぷりの彩り豊かな生野菜をサラダ感覚で食べられるようにしました。水田ゴボウの風味も楽しめます。

〜使用する調理器具〜

一般調理器具、炊飯器
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、アドビシステムズ株式会社のアドビリーダー(Adobe Reader)が必要です。 右のアイコンをクリックすると、Adobe Readerダウンロードサイトへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。 (新しいウィンドウで表示) アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
  ▲ページの先頭へ   

戻る ホーム
h