JA菊池ホームページ
 サイトマップ
  旬のレシピ
戻る ホーム
       ホーム > 旬のレシピ > えこめ牛うまかモン料理甲子園レシピ【大津高校 「マツモト」】
 

えこめ牛うまかモン料理甲子園レシピ【大津高校 「マツモト」】

最終更新日 [2018年5月9日]  

大津高校 カルツォーネというイタリアの料理です。中身は食感の違うえこめ牛に歯ごたえが良い特産のネギ、ゴボウを入れています。添えてあるポテトサラダは特産の甘藷たっぷりの甘いポテトサラダになっています♪

お肉ゴロゴロ”カルツォーネ“とポテトサラダ

・使用するえこめ牛の部位 肩ロース、粗挽き
・おおよその材料費(えこめ牛代含む 1,630円

〜材料(4人前)〜

☆生地
強力小麦粉     400g
 じゃがいも     200g
 塩         小さじ1/2
 ドライイースト   小さじ4
 砂糖        小さじ2
 牛乳        大さじ8
 お湯        大さじ4
 オリーブオイル   大さじ4

☆中身
 ゴボウ       3/1
 にんにく      1個
 ひき肉(粗挽き)  190g
 肩ロース(ブロック)100g
 醤油        大さじ3
 みりん       大さじ3
 砂糖        大さじ1
 ねぎ        1/3本

☆ポテトサラダ
さつまいも     200g
ハム        20g
コーン       10g
きゅうり      30g
マヨネーズ     大さじ4
塩         小さじ2

〜作りかた〜

☆カルツォーネ
1、ボールに小麦粉とじゃがいも(茹でつぶしたじゃがいも200g)をなじむまでまぜる。
2、中心をくぼませ、ドライイースト、砂糖を入れる。
3、手の付け根で押すようにしながら、滑らかになるまで3〜4分こねる。
4、丸く形を整えてラップにくるんで40℃のお湯につけて20分ねかす。
5、8等分にして「肉の甘辛炒め」をいれ、160℃の油で両面2分揚げる。

☆ポテトサラダ
1、さつまいもは茹でてつぶして下味をつける。ハムは1口大に切る。コーンは熱湯をかけて湯切りする。キュウリは板ずりして小口切りにする。
2、味をつけて混ぜ合わせる。

☆肉の甘辛炒め
1、肩ロースを大きめのみじん切りをする。ゴボウ、にんにくもみじん切りにする。
2、油をひいたフライパンににんにくをいれ香りがでたらお肉とゴボウを入れて炒め味をつける。

〜えこめ牛及び菊池産の副材料を使用するにあたって工夫したところ〜

カルツォーネの中身に歯ごたえがあるようにゴボウを入れ、食感の違いを出すために肩ロースを大きめに切って、ひき肉も粗挽きにしました。ポテトサラダは菊池特産の甘藷をふんだんに使用したところです。

〜使用する調理器具等〜

深い鍋、フライパン、包丁、めんぼう、はかり、木べら、電子レンジ、ボール(複数)、まな板、裏ごし器、さじ
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、アドビシステムズ株式会社のアドビリーダー(Adobe Reader)が必要です。 右のアイコンをクリックすると、Adobe Readerダウンロードサイトへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。 (新しいウィンドウで表示) アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
  ▲ページの先頭へ   

戻る ホーム
h