JA菊池ホームページ
 サイトマップ
  旬のレシピ
戻る ホーム
       ホーム > 旬のレシピ > +サヤエンドウとしらすの卵とじ+
 

+サヤエンドウとしらすの卵とじ+

最終更新日 [2015年4月24日]  

サヤエンドウとしらすの卵とじ  サヤエンドウとは、エンドウマメを未熟な若いうちに収穫し、さやごと食べるときの名称です。3月から6月が旬の緑黄食野菜です。サヤエンドウ、関東では絹さやとも呼ばれる、さやが5cmほどの薄くて柔らかいものが主流です。
 サヤエンドウには水分、ビタミンCが豊富です。さらにカリウムも多く含まれます。カリウムは、摂取が少ないと高血圧になりやすく、高血圧発症の予防には新鮮な野菜から十分にカリウムを取る必要があります。しかし、ナトリウム、つまり塩分の摂取が多いと、カリウム同時に排せつされてしまうため、カリウムが不足してしまう可能性があります。塩分を多く取りがちな日本人には意識して摂取したい栄養素です。さらにサヤエンドウには不足すると疲労がたまりやすくなるビタミンB1や、抗酸化作用があり免疫力を高めるとされるベータカロテン、さらに女性が不足しがちな鉄分も含まれ、食物繊維も豊富なため、整腸効果、便秘予防にもなります。煮物やサラダの彩り程度ではもったいないお野菜です。エビやイカなどと炒めたり、卵とじにしたり、メニューの主役としても活躍してほしい食材です。

―材料(4人分)―

                   A
サヤエンドウ・・・・・120g   だし・・・・・・・カップ1/2
しらす干し(釜揚げ)・・・80g  酒・・・・・・・・大さじ1/2
卵・・・・・・・・・・・・2個      みりん・・・・・・大さじ1/2
                   塩・・・・・・・・・・・・少々

―作り方―

@サヤエンドウは筋を取り、斜め半分に切ります。卵は割りほぐします。
A直径18cmくらいの鍋かフライパンにAを合わせ、沸騰したら、サヤエンドウを加えて広げ、1分ほど煮ます。
Bしらす干しを加え、再び沸騰したら、卵を入れてふたをします。2分ほど煮て火を止め、そのまま30秒ほど蒸らします。
この情報に関するお問い合わせは
JA菊池本所
電話:0968-23-3500
ファックス:0968-23-3515
メール メール 
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、アドビシステムズ株式会社のアドビリーダー(Adobe Reader)が必要です。 右のアイコンをクリックすると、Adobe Readerダウンロードサイトへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。 (新しいウィンドウで表示) アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
  ▲ページの先頭へ   

戻る ホーム
h