えこめ牛
  えこめ牛からのお知らせ
TOP
       ホーム  >  えこめ牛 TOP > えこめ牛からのお知らせ > 蒲島県知事に「えこめ牛」の取り組みを報告
 

蒲島県知事に「えこめ牛」の取り組みを報告

最終更新日 [2014年12月15日]  

えこめ牛の活動報告
 飼料用米の作付を推進する「プロジェクトF88コンソーシアム」の会長を務めるJA菊池の三角組合長が、同コンソーシアム役員と共に県庁を訪れ、蒲島郁夫県知事にプロジェクトの取り組み状況を報告しました。

 このコンソーシアムは2011年8月に設立し、飼料用米を食べさせて育てたJA菊池の「えこめ牛」、(有)那須ファームの鶏卵「八十八卵(やそはちたまご)」の商品開発や県内外のイベントでの試食会などで消費者にPR。
お米を食べて育った畜産物の消費で、休耕田が活用され、環境や地下水が保全できることを訴えてきました。

えこめ牛の活動報告

この情報に関するお問い合わせは
JA菊池本所 畜産部
電話:0968-23-3210
メール メール 
新しいウィンドウで表示 このマークがついている資料・リンクは新しいウィンドウで開きます
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、アドビシステムズ株式会社のアドビリーダー(Adobe Reader)が必要です。 右のアイコンをクリックすると、Adobe Readerダウンロードサイトへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。 (新しいウィンドウで表示) アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
  ▲ページの先頭へ   

TOP