JA菊池ホームページ
 サイトマップ
  まんまキッズスクール
戻る ホーム
       ホーム > まんまキッズスクール > イモ堀り楽しい**第3回**
 

イモ堀り楽しい**第3回**

最終更新日 [2008年10月27日]  

 次世代を担う子どもたちを対象に、農作業体験を通し「命」「食」「農業」の大切さを感じてもらおうと、8月に開校したJA菊池初の「まんまキッズスクール」の第3回目を10月18日に開きました。管内の小学生100人が参加し、イモ堀り体験やJA本所隣接の「まんま農園」での野菜の収穫、管理作業をしました。
イモ堀りは、カンショ部会副部会長宇野久敏さんのほ場(大津町平川)で行い、宇野さんにカンショができるまでの話やイモ堀り作業の手順を聞き、クラス(20人一クラスの5クラス)ごとに体験しました。
イモのツルを切り、マルチをはぎ、土を掘り、大きなイモが出てくると「これできゃー」「もう少しだ」と汗をかき、子どもたちはどろんこになるのも忘れて楽しみました。
まんま農園では、ニンジンの間引きとダイコンを収穫。お昼には女性部の協力の中、おにぎり作りやだんご汁のだんごを丸めたりしました。
今日の収穫物は、家族へのおみやげと次回の販売体験のために保存し、第4回(11月15日)で、JAの展示会にあわせて販売体験を予定しています。

大きなカンショが掘れて感激する児童

大きなカンショが掘れて感激する児童

イモ掘りに熱中する児童

イモ掘りに熱中する児童

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、アドビシステムズ株式会社のアドビリーダー(Adobe Reader)が必要です。 右のアイコンをクリックすると、Adobe Readerダウンロードサイトへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。 (新しいウィンドウで表示) アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
  ▲ページの先頭へ   

戻る ホーム