JA菊池ホームページ
 サイトマップ
  各部署からのお知らせ
戻る ホーム
       ホーム > 各部署からのお知らせ > 小玉スイカ出荷始まる!!
 

小玉スイカ出荷始まる!!

最終更新日 [2018年2月3日]  

JA菊池西瓜部会は1月30日、小玉スイカの初出荷に向けて査定会を開きました。
糖度ものり、品質・食味良好です。
品種は「ひとりじめ7EX」と、早い作型で試験栽培する「スイートキッズ」。
また、遅い作型で「ひとりじめBonBon」を導入しています。


JAの有内義彦指導員は「11月の定植時期から気温が下がり、曇天に悩まされた。
日照不足の影響はあったが、生産者の努力で品質・食味ともに良好。
今後も気温の上昇とともに、更に品質も向上し、出荷量も増えていく」と話しています。
西瓜部会村上幸記部会長は「シャリ感ある食味で人気の品種ひとりじめ7EXは、色つやも良く、糖度ものり、うまいスイカができている。
試験栽培しているスイートキッズも良いものができている。
今後期待したい」と笑顔をみせました。


2月1日に、清原啓喜さんが持ち込んだスイカの初選果を行い、関東・関西方面へ60箱(1箱5〜6個中心)を初出荷しました。
JA菊池西瓜部会の小玉スイカ生産者は40戸で、15ヘクタールを栽培しています。大玉スイカは3月下旬より出荷予定です。


写真1=小玉スイカの初査定会で色味や味を確認する村上部会長(左)
写真2・3=初選果され箱詰めされる小玉スイカ

スイカ

スイカ

スイカ

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、アドビシステムズ株式会社のアドビリーダー(Adobe Reader)が必要です。 右のアイコンをクリックすると、Adobe Readerダウンロードサイトへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。 (新しいウィンドウで表示) アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
  ▲ページの先頭へ   

戻る ホーム