JA菊池ホームページ
 サイトマップ
  各部署からのお知らせ
戻る ホーム
       ホーム > 各部署からのお知らせ > 菊池新ごぼう「冬ごぼう」出荷始まる!
 

菊池新ごぼう「冬ごぼう」出荷始まる!

最終更新日 [2017年12月8日]  

JA菊池ゴボウ部会は、
菊池新ごぼう「冬ゴボウ」の出荷本番を前に11月28日、
菊池市のJA北営農センターで出荷査定会を開きました。


冬ゴボウ出荷者は75戸で、
栽培面積は昨年より10ヘクタール増の70ヘクタール。
初出荷は11月27日で500ケース(1ケース2キロ)。
12月には日量4000〜5000ケースを見込んでいます。
冬ゴボウは3月中旬まで、関東、名古屋、大阪、九州一円に出荷します。


川上悦史部会長は
「部会員交代での出荷検査を徹底し、出荷物の平準化を図り、有利販売に繋いでいきたい」
と話しました。


JA営農部園芸課の山口博司指導員は
「生育期の10月に雨が続き、例年より1週間ほど出荷が遅れ、少し小ぶりだが品質は良好。出荷基準をしっかり統一し、年末年始の需要期に向けて出荷を伸ばしていきたい」
と話していました。



写真=出荷規格を確認する部会員(菊池市のJA北営農センター)
1

2

3

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、アドビシステムズ株式会社のアドビリーダー(Adobe Reader)が必要です。 右のアイコンをクリックすると、Adobe Readerダウンロードサイトへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。 (新しいウィンドウで表示) アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
  ▲ページの先頭へ   

戻る ホーム